HOME > すべての記事 > 医薬品添付文書 > 医薬品の適性使用と情報~医薬品添付文書1

医薬品の適性使用と情報~医薬品添付文書1

583view

医薬品の適性使用

dbaf7f5
医薬品の適正使用の推進は、1993年5月に報告された厚生労働省「21世紀の医薬品のあり方に関する懇談会」の報告書で取り上げられるなど、常に医薬品をめぐる大きな課題となっている。
なかでも提案「医薬品の適正使用のサイクル」では、医薬品の適正使用には医薬品情報の活用が重要であることが強調されている。

医薬品の適正使用のサイクルでは、初めに的確な診断が行われ、続いて最適な薬剤・剤形が選択され、適切な用法・用量で処方せんが発行される。それに基づいて、適切に調剤され、調剤薬が患者に交付される際にはその使用方法などが患者に説明される。そして、患者の正しい理解に基づいて正確に使用されたのち、その効果と副作用が評価され、処方にフィードバックされる。
このサイクルの各段階で正しい判断・対応を行うためには医薬品情報が活用されなければならず、医薬品情報は医薬品の適正使用のサイクルが円滑に回るためにはなくてはならない存在である。

適正使用に必要な医薬品情報

具体的に必要な医薬品情報には、最適な薬剤の選択においては、名称、効能・効果(対象疾患に対する有効性)、禁忌(投与してはいけない患者や併用してはいけない医薬品)、そして、のみやすさ・使いやすさなどに影響する剤形の情報などがある。
適切な用法・用量の決定には、用量反応関係や薬物動態などの情報が必要となる。
正しい調剤のためには、前述の情報に加え、配合変化、粉砕可否、保存条件などがある。
患者への説明と理解に関しては、名称、使用法、価格、効果、副作用への対応、保存法などの情報が考えられる。
そして、効果・副作用の評価においては、有効血中濃度域、中毒域、効果の評価指標、副作用モニタリングのための検査値や症状などが必要となる。

医薬品添付文書

こうした適正使用に必要な医薬品情報の最も基本となる情報源が、医薬品添付文書である。

医薬品には医療用医薬品一般用医薬品があるが、それぞれの添付文書は情報提供の対象者が異なり、形式も異なる。
医療用医薬品添付文書は医師や薬剤師をはじめとする医療関係者への情報提供を目的とし、一般用医薬品添付文書は医薬品を購入し使用する生活者への情報提供を目的としている。
そのため、医療用医薬品添付文書は専門用語を用いて記載されているが、一般用医薬品添付文書は生活者が理解しやすい用語を用いて記載されている。

>> 「現役薬剤師の転職体験談」に進む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

掲載中の案件一覧

「医薬品添付文書」カテゴリの関連記事