HOME > すべての記事 > 有効な資格 > 衛生検査技師・サプリメントアドバイザー – 個人、薬局の資格で比較的容易に取得できて有効な資格2

衛生検査技師・サプリメントアドバイザー – 個人、薬局の資格で比較的容易に取得できて有効な資格2

578view

衛生検査技師は臨床検査技師の資格の一つですが、薬剤師の資格のある人であれば届出だけで取得できます。
この資格は、薬剤師の間では知っているようで知らない資格ではないかと思います。

患者さんの中には病院で検査結果をもらってもなかなか数字の意味がわからない人が多いものです。
検査値の解説も薬局でできますよというアピールを行うことにより、検査値を見せてもらいやすくなります。検査値がわかれば服薬指導がより楽になるでしょう。

薬剤師の中には検査に対して苦手意識をもつ人が多いようですが、資格そのものは簡単にとれるので、逆にここは少し頑張って勉強しておくと付加価値が出せる項目であると言えるでしょう。
 

 
 

禁煙指導薬剤師

喫煙
世の中には、禁煙をしたいと思っている方は多いです。
また言うまでもなく多くの疾病と喫煙には深い関係があります。

禁煙指導薬剤師の制度は都道府県の薬剤師会が運営しているところが多いようなので、取得方法などは地域の薬剤師会に相談するとよいでしょう。

都道府県により違いはあるようですが、講習を何度か受講すれば取得できる場合が多いようです。こうした制度がない場合でも、禁煙方法やたばこの害のパンフレットや資料を薬局に置いておいて相談にのるとよいでしょう。
 
 

サプリメントアドバイザー

サプリメント
サプリメントの市場は今やOTCを凌駕するほどになっています。
サプリメントアドバイザーの資格を店内に掲示しておくと、OTCの併用薬やサプリメント服用の情報を患者さんが出してくれやすくなります。

特にサプリメントの使用については、患者さんは病院では否定されるかもしれないと思い込んでいたり、健康食品は食品なので薬と関係ないと考えていると患者さんも多く、たとえ摂取していても医師や薬剤師に告げていないケースもよくあります。

サプリメントアドバイザーは、サプリメントの専門家であることをアピールすることにより、患者さんがより相談しやすくなる雰囲気を作る効果があります。

受験資格を得るための単位取得に多少の時間と費用がかかりますが、薬剤師であれば基礎知識も十分にあるので合格率もよいようです。

また、受験することで無限に存在するのではないかと思いがちな健康食品を整理することもでき、とてもよい勉強になります。
天然のものは安心と盲目的に信じている人がいかに多いかということを実感する契機にもなります。
 
 

まとめ

  • 衛生検査技師の資格で検査値の解説も薬局でできますよというアピールを行うことにより、検査値を見せてもらいやすくなる
  • サプリメントアドバイザーの資格を店内に掲示しておくと、OTCの併用薬やサプリメント服用の情報を患者さんが出してくれやすくなる

>> 「現役薬剤師の転職体験談」に進む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

掲載中の案件一覧

「有効な資格」カテゴリの関連記事