HOME > すべての記事 > ライフサイクルマネジメント > 新発売後の製品付加価値拡大~ライフサイクルマネジメント

新発売後の製品付加価値拡大~ライフサイクルマネジメント

448view

新発売後の製品付加価値拡大

製品の付加価値を維持・拡大させるためには、上市後に医療関係者に継続的に適正な情報を提供する必要がある。

そのためには使用成績調査、特別調査、市販後臨床試験などを通して、できる限り多くの情報を収集して伝達できるようにする

使用成績調査、特別調査

使用成績調査、特別調査では副作用、有害事象の把握が、市販後臨床試験では科学的根拠をもって有用性を示すことが重要である。

また医療関係者から寄せられる質問や要望に応えるためには、営業活動を通して自社品の使用経験に関する情報を収集・蓄積することや使用実態を調査することも重要である
そして基礎研究(薬効薬理、一般薬理における競合品との比較など)、配合変化・安定性試験を顧客視点(医療関係者、患者)で行うことも望まれる。

情報やデータを公表

これらの活動を通して得られた情報やデータは、可能な限り学会発表や論文化、あるいは研究会、座談会などで公表したい。

近年エビデンスに基づく医療(EvidenceBasedMedicine;EBM)が重視されていることから、薬剤の選択にはエビデンスが高いか否かが重要な決め手の一つとなっている
そのため大規模臨床試験の実施がしばしば検討されるのだが、多額の時間や労力、経費を必要とすることから、企画段階で投資効果の十分な検討を要する。

「何を証明すべきか」「顧客にとり、自社にとり、意義がある試験なのか」「立証される可能性はどの程度なのか」「不成功だった場合のインパクトはどうか」といったことを総合的に判断し、実施の可否を判断しなければならない。

>> 「現役薬剤師の転職体験談」に進む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

掲載中の案件一覧

「ライフサイクルマネジメント」カテゴリの関連記事