HOME > すべての記事 > 患者さんに対する工夫 > 服薬指導の会話の武器としてのパンフレット、指導箋の配布

服薬指導の会話の武器としてのパンフレット、指導箋の配布

846view

さて、関西人でなくても何かもらえると嬉しいもので得した気分になるものです。
メーカーが出しているパンフレットや指導箋は、薬剤師が考えている以上に患者さんにとってはメリットを感じてもらえます。
それぞれ疾患別の指導箋を棚に管理しておき、なるべく渡すようにします。
 

 
 

パンフレットや指導箋は有効な武器

確認
また、何か渡す材料があると話もしやすくなります。
例えば、飛び込み営業をする場合を想像してみてください。
何の話題も材料もなしにお客さんのところへ行くことがどんなに難しいかわかると思います。

薬学管理は単に薬だけを見ていてはできません。患者さんの病名や病状といった相手からの情報がなくては進めることができません。それには何かの形で患者さんの関心を引くことが不可欠です。
そのためにパンフレットや指導箋は有効な武器になります。

ただしパンフレットや指導箋を患者さんに渡す場合は、必ず自分で目を通しておくことが必要です。内容をよく理解し、自分で消化しておかないと質問を受けたときに困ることになります。
メーカーや卸が持ってきたものを無批判に意図もなく並べているだけではかえって信用を落としてしまうことにもなります。

自分で読んでわからないことはあらかじめ調べておいたり、メーカーに質問をしておくことも重要な前提条件です。
 
 

透明な薬袋

処方箋
優秀な薬局では透明な薬袋を用いています。

この最大のメリットは患者さんの面前で薬の確認ができることと、そのための会話のしやすさです。
透明でない袋の場合、薬を袋から出し入れしたり、あるいはあらかじめ薬を薬袋の上に置いて確認していくという形になります。

以前はこうしたやり方をしていましたが、出し入れをしている間に間ができたり、入れ間違いをしないようにと気をとられているうちに患者さんと会話がスムーズにいかないケースが出てきます。

これが透明だと裏返すだけで薬の確認ができます。
これはミスを防ぐというだけでなく、「確認をしていますよ」というパフォーマンスになります。ここが大事なのです。

薬を出し入れしているとその動作を患者さんが長く眺める状態になりますが、現在の薬局ではそこまでの余裕がないことが多いです。

裏返すという確認は、相手が急いでいても非常に簡単に行うことができ、と同時に服薬状況や副作用など確認の会話に引っ掛けてつながりがよくなります。
薬の出し入れをしているとそれだけで薬剤師の意識も散漫になり、何より相手の空気を読むことが難しくなります。

それでなくても情報収集が難しい薬局ではわずかな時間を惜しんで相手の気配を読むことは重要になります。
 
 

まとめ

  • 患者さんの関心を引くことが不可欠。
    そのためにパンフレットや指導箋は有効な武器
  • 透明な薬袋の最大のメリットは患者さんの面前で薬の確認ができること

>> 「現役薬剤師の転職体験談」に進む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

掲載中の案件一覧

「患者さんに対する工夫」カテゴリの関連記事