HOME > すべての記事 > 薬剤師の実態・仕事 > 医師のような薬剤師 – 薬の専門家として接しよう

医師のような薬剤師 – 薬の専門家として接しよう

503view

薬学部が6年制になった時から、医師のような薬剤師が求められているのではないでしょうか。これに関して薬剤師の中にはなかなか壁のようなものがある方が多いようです。
 

 
 

医師と接するよう薬の専門家として接する

医者と薬剤師
既に医学部でも進んだ大学では医者同士が接するように薬剤師と接しているところもあります。

つまり内科の医師が眼科や耳鼻科の医師と接するように薬剤師に薬の専門家として接しているというということです。

これには医療の専門化とチーム医療が進んできたことと同時に、病院薬剤師の病棟業務での奮闘の結果でもあると思います。

「患者さんから見て」というのは、「自分が仮に内科や耳鼻科と同じように薬剤科の医師という診療科目を想定した場合に、どういうことを患者さんから求められるかということを少し考えてみてください」という意味が込められています。

これはもう少し平たく言えば、医師がやっていることは薬剤師もやってのける必要があると考えてもよいでしょう。
患者さんからの質問に何でも「医師に聞いてくれ」では通りません。
せめて一般論として考えられることなど、自分の役割と責任の範囲で答えられることについては答えなくてはいけないでしょう。

あるいは、認定医や専門医を取得している医師が多いということを考えれば、薬剤師も日本薬剤師研修センターの認定薬剤師はその最低要件ではないかと思います。

それなら薬剤師もごく普通にそれを行っていく必要があるのではないでしょうか。
 
 

資格の掲示2

サプリメント
少し話が横にそれてしまいましたが、他にサプリメントアドバイザー、福祉住環境コーディネーターなどの資格の掲示をしておくと、話のきっかけになりやすいという効果も期待できます。

特に健康食品やダイエットなど巷ではいろいろな情報があふれています。
これらについて半信半疑ながらも試している人が多いようですが、きちんと相談できる人が少ないという現状があります。

健康食品の販売員は売ることを前提に話をしてきます。
薬剤師のように不必要な害になるようなら売らないという選択肢をもつ職種は他にはありません。
健康食品の相談を積極的に受けることで薬剤師の専門性をアピールすることができます。

次の記事で個人や薬局の資格で比較的簡単に資格が取得できて患者さんとの会話に効果がありそうなものを挙げておきます。

ただ、資格というと最近はブームのせいか片っ端から飛びつく方もいるようですが、そういう趣味の方は別として個々にそれなりの意図を思って取得なり掲示なりをするべきだと思います。

掲示して公開する以上はその分野については責任を負う必要があります。
資格を取得してもその気力や能力がペーパードライバー並みのようであるならば、かえって信用を落とすだけなので避けるべきでしょう。
 
 

まとめ

  • 内科の医師が眼科や耳鼻科の医師と接するように薬剤師に薬の専門家として接する
  • 健康食品の相談を積極的に受けることで薬剤師の専門性をアピールすることができる

>> 「現役薬剤師の転職体験談」に進む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

掲載中の案件一覧

「薬剤師の実態・仕事」カテゴリの関連記事