HOME > すべての記事 > 医薬品の取り扱いと販売について > マニュアルと患者向医薬品ガイド – その他の医薬品情報提供手段4

マニュアルと患者向医薬品ガイド – その他の医薬品情報提供手段4

591view

 

国民への情報発信も視野に入れた医薬品医療機器情報提供ホームページ

医薬品医療機器情報提供ホームページは、総合機構が発信基地となって、インターネットにより、医師、歯科医師、薬剤師等の医療関係者、製薬企業、患者および国民に広く提供される安全性情報等の医薬品情報である。
このホームページには、製薬企業から出された添付文書情報(医療用医薬品および一般用医薬品)、厚生労働省から出された医薬品・医療機器等安全性情報、厚生労働省に集積された副作用が疑われる症例に関する情報、患者向医薬品ガイド、重篤副作用疾患別対応マニュアル、医薬品の回収情報等が掲載されている。
1999(平成11)年5月末から医療関係者向けの「医薬品情報提供システム」として運用が開始され、2004(平成16)年4月からその提供対象と患者・国民に広げた「医薬品医療機器情報提供ホームページ」として運用されている。
このホームページは、日薬連、製薬協、日本医師会、日本薬剤師会等の各関係団体のホームページとリンクしており、詳細情報等が活用できるようになっている。
以下に、副作用の予測・予防に役立つと評価されている患者向け医薬品ガイドおよび重篤副作用疾患別対応マニュアルについて概説する。
 

患者向けの患者向医薬品ガイド

患者向医薬品ガイド(ガイド)は、患者および国民が医療用医薬品を正しく理解し、自らの自覚症状から重篤な副作用の早期発見ができるよう掲載されている。
掲載される医療用医薬品は、次のとおりである。
・添付文書に警告欄が設けられているもの
・添付文書の「効能・効果に関連する使用上の注意」、「用法・用量に関連する使用上の注意」または「重要な基本的注意」の項に、重篤な副作用の回避等のために「患者に説明する」旨が記載されているもの
・患者に対して、特別に適正使用に関する情報提供が行われているもの
2006(平成18)年1月に糖尿病用薬からスタートした。
このガイドでは患者が医療用医薬品を使用する際に、特に知っておくべき事項について、添付文書をもとに、わかりやすく記載するようになっており、記載項目および記載順序は行政指導で定められている。
 

患者、医療関係者向けの重篤副作用疾患対応マニュアル

重篤副作用疾患対応マニュアル(以下、対応マニュアル)は、副作用の発見が遅れて重篤化することを防ぐために、早期発見と対応のポイントを記載している。
患者用には、副作用疾患について、医療関係者が患者その家族に説明用として使用できるよう、気づきを促すための注意すべき初発症状や症状が、受診を促す注意とともに記載されている。
医療関係者には、早期に認められる症状や副作用の好発時期等のほか、医療関係者が遭遇する機会が少ないことを想定し、医薬品ごとの副作用の特徴、副作用疾患の概要、判別方法や治療方法、典型的な症例等が記載されている。

>> 「現役薬剤師の転職体験談」に進む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

掲載中の案件一覧

「医薬品の取り扱いと販売について」カテゴリの関連記事