HOME > すべての記事 > 薬剤師が知っておくべき法律知識 > 個人情報の基本的な取り扱いのルールを知っておこう – MRが遵守すべき他の法令1

個人情報の基本的な取り扱いのルールを知っておこう – MRが遵守すべき他の法令1

491view

 
 

MR活動を通じて知りうる個人情報の管理は重要な課題(個人情報保護法)

今日の高度情報化社会では、本人が知らないうちに膨大な個人情報が収集・蓄積されて、種々の目的に使用されたり、不正に漏えいされたり、悪用される危険がある。そのため、個人情報を保護する法制が必要となってきた。我が国では、「個人情報の保護に関する法律」(以下、個人情報保護法)が2003(平成15)年5月に成立し、2005(平成17)年4月1日に全面施行された。

この法律は、不適正な個人情報の取り扱いがもたらす「事故」を未然に防止するために、民間事業者全般(小規模事業者を除く)が個人情報を取り扱う際に負うべき具体的な義務を定めている。

つまり、個人情報保護法とは、高度情報化社会における適正な個人情報の取り扱いに関する基本ルールであるといえる。
 
 

個人情報の基本的な取り扱いのルールを知っておこう

  • 個人情報の取得に当たっては、その利用目的を特定し、本人に通知・公表する。
  • 個人情報の利用に当たっては、利用目的の範囲内で取り扱うこと。
  • 第三者への提供や委託先への提供については、本人に予め同意を得ること。
  • 個人情報の開示、訂正、利用の停止等については、本人の求めに応じて対応しなければならない。
  • 個人情報が不要になった場合には、速やかに消去すること。

 

そもそも個人情報とは

個人情報
生存する個人の情報であって、当該情報に含まれる氏名、生年月日、その他の記述等により特定の個人を識別することができるものである。

また、他の情報(例えば、従業員番号等)と容易に照合することができ、それにより特定の個人を識別することができるものも含む。
 
 

自分は個人情報取扱事業者なのだろうか

データベースや名簿等に含まれる個人情報を過去6ヶ月以内に一度でも5,000人分を超えて事業に用いたことがる民間事業者は、「個人情報取扱事業者」として、この法律が定める義務を負う。顧客情報、患者情報、従業員の人事情報等はすべて個人情報になる。
 
 

個人情報データベース等とは

特定の個人情報をコンピュータを用いて検索できるように、体系的に構成した個人情報を含む情報の集合体をいう。また、紙ベースで個人情報を50音順に整理し、容易に検索が可能なものも、これに該当する。

保有個人データとは
個人情報取扱事業者が、開示、内容の訂正、追加または削除、利用の停止、消去および第三者への提供の停止を行うことのできる権限を有する個人データをいう。ただし、6ヶ月以内に消去することとなるものは、保有個人データから除外される。
 
 

MRが個人情報の取り扱いで注意することは多い

MRは日常の情報活動を通じて、医師、薬剤師、看護師等の顧客情報や製造販売後調査による患者さんの個人情報を取得することとなる。したがって、MRは以下のことを心がけて行動しなければならない。

  • 個人情報を取得する場合は、利用目的をきちんと説明すること
  • 予め定められた利用目的以外に個人情報を流用しないこと
  • 本人の同意なしに第三者に提供しないこと
  • データ内容の正確性を保持すること
  • 漏えい、紛失等しないよう十分に安全管理を図ること。

>> 「現役薬剤師の転職体験談」に進む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

掲載中の案件一覧

「薬剤師が知っておくべき法律知識」カテゴリの関連記事