HOME > すべての記事 > 代表的な液状製剤の種類と性質 > エリキシル剤・シロップ剤の定義と特徴〜代表的な液状製剤の種類と性質4

エリキシル剤・シロップ剤の定義と特徴〜代表的な液状製剤の種類と性質4

7073view

エリキシル剤

<定義>
甘味および芳香のあるエタノールを含む澄明な液状の内用剤。

<特徴>
エタノールの含量は4〜40%で、主薬の溶解度の関係で、多量に加えられるものもあれば、単に芳香をつけるための芳香剤を加えた程度のものもある。
また溶解性を高めるためグリセリン、プロピレングリコールを加えたものもある。
欧米では広く繁用されているがわが国における日本薬局方に収載品はない

<調整法>
医薬品またはその浸出液にエタノール、精製水、着香剤および白糖、そのほかの糖類または甘味剤を加えて溶かし、ろ過またはそのほかの方法によって澄明な液とする。

<容器、貯蔵>
本剤は保存中、エタノールあるいは芳香剤の蒸発揮散を避けるために、気密容器に入れてなるべく室温で保存する必要がある。
プラスチック製の容器も気密容器に含まれるが、ガス透過性が大きいためエリキシル剤の容器としてはガラス製が望ましい。

シロップ剤

<定義>
白糖の溶液または白糖、その他の糖類もしくは甘味剤を含む比較的濃稠な溶液または懸濁液などとした液状の内用剤。

<特徴>
シロップ剤のような糖類の濃厚溶液は、微生物の発育を抑制するため、ある種の医薬品または生薬成分などを糖液に溶解し、薬効を変化することなく保存することができる。
また医薬品の苦味や不味を糖質の甘味作用と粘稠性等が隠ぺいし、服用しやすく老人、幼小児に適している。
日本薬局方では、単シロップ、トリクロホスナトリウムシロップ、セネガシロップ、トウヒシロップ、トコンシロップが収載されている。
医薬品の配合や作用は薬物療法において常であるが、シロップ剤が複数処方され、その薬効の増大、副作用の軽減が期待されるケースが見られる。
その場合には配合変化に注意しなければならない。
懸濁型シロップ剤では再分散性不良、溶液型シロップ剤では化学反応や沈殿を生じることがある。
またpHの大きく異なる製剤は、配合変化を起こす可能性が高いので注意が必要である。
医薬品の性質により用事溶解または懸濁して用いる製剤もある。
これらはドライシロップ剤と呼ばれる。
ドライシロップ剤は用事適量の水を加え、ペースト状、シロップ状として経口投与するか、そのまま服用する。
実際には調剤時水溶液として処方される例も多い。
ある種の抗生物質、化学療法剤または抗悪性腫瘍薬など、液剤では経時的に力価、効力が低減することがあり、または再分散性が劣化するような場合に用いられる。
日本薬局方に収載されているシロップ剤はすべて白糖製剤で、その他の糖類または甘味剤を含むものはない。
一般に水溶性の医薬品は溶液型シロップ剤、難溶性医薬品は懸濁シロップ剤、不安定な医薬品についてはドライシロップ剤が適用される。

<調整法>
シロップ剤は、白糖、そのほかの糖類もしくは甘味剤の溶液または単シロップに医薬品を加えて溶解、混合、懸濁、乳化し、必要に応じて混液を煮沸した後、熱時ろ過する。
ドライシロップ剤は、主薬に糖類、賦形剤、懸濁化剤などを加えて、水に速やかに溶解、分散するように粉末状または粒状にする。

<容器、貯蔵>
気密容器を用いて保存する。
ドライシロップ剤については、一般に吸湿性で固形のまま保存しても力価低下のおそれがあるため、保存には気密性が高く、吸湿性が少ない容器の使用が必要である。
また分包して与薬する場合も気密性に注意し、薬剤を低温、低湿度の場所に保存するよう患者へ指示することが必要である。

>> 「現役薬剤師の転職体験談」に進む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

掲載中の案件一覧

「代表的な液状製剤の種類と性質」カテゴリの関連記事