HOME > すべての記事 > 調剤報酬の計算 > 計量混合加算・後発医薬品調剤加算・指導管理料 – 調剤報酬を計算しよう4

計量混合加算・後発医薬品調剤加算・指導管理料 – 調剤報酬を計算しよう4

805view

 

 

計量混合加算

計量混合加算とは、薬価基準に収載されている2種類以上の液剤、散剤または顆粒剤、軟・硬膏剤を計量し、かつ混合して液剤、散剤または顆粒剤にして調剤した場合、または軟・硬膏剤にして調剤した場合に算定できます。

1調剤行為に対して算定するので、投薬量や投薬日数に関係しません。
 
 

後発医薬品調剤加算

後発医薬品調剤加算は、処方せんの指示に基づき後発医薬品を調剤した場合だけでなく、医師などによる一般名処方が行われた場合であって、保険薬局で患者の同意を得た上で後発医薬品を調剤した場合にも算定できます。
 
 

指導管理料とは

指導管理
指導管理料は、薬剤服用歴などに基づく服薬指導や処方内容に関する医師への疑義照会、処方医や患者への情報提供などに対する点数です。

  1. 薬剤服用歴管理・指導料が基本
    薬剤服用歴管理・指導料は、患者ごとに作成した薬剤服用歴に基づいて、薬剤師が、処方された薬剤についての重複投薬、相互作用、薬物アレルギーなどを確認するとともに、投与される薬剤の服用上の注意あるいは保管取り扱い上の注意に関する基本的な説明や指導を行った場合に算定します。

    薬剤服用歴は、その患者について全ての記録が必要に応じ直ちに参照できるように保存・管理する必要があります。
    薬剤服用歴は、最終の記入の日から3年間保存しなければなりません。

  2.  

  3. 薬剤服用歴管理・指導料への加算も
    特別指導加算は、薬剤師が患者やその家族などと対話をすることにより情報収集するとともに、薬剤服用歴に基づき、投与される薬剤の適正使用のために必要な服薬指導を行った場合に算定できます。

    重複投薬・相互作用防止加算は、薬剤服用歴に基づき、併用薬との重複投薬や併用薬、飲食物などとの相互作用を防止するために、処方医に対して連絡・確認を行った場合に算定します。

  4.  

  5. 薬剤情報提供料は手帳への記載の有無で1と2に
    薬剤情報提供料1は、患者の求めに応じて、調剤日、調剤した薬剤の名称、用法、用量、相互作用、その他の服用に際して注意すべき事項を患者の手帳に経時的に記載するとともに、保険薬剤師が作成した文書により情報提供を行った場合に算定します。

    ただし、月4回までとされています。文書による情報提供のみを行った場合は薬剤情報提供料2を算定します。薬剤情報提供料2の算定は月1回だけです。

長くなりましたので、次回引き続き指導管理料4~8をご紹介します。

>> 「現役薬剤師の転職体験談」に進む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

掲載中の案件一覧

「調剤報酬の計算」カテゴリの関連記事